ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス – ごちtabi
本格的な世界の料理をストック食品で手軽に。

ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-1
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-2
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-3
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-4
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-5
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-6
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-1
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-2
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-3
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-4
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-5
ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス-6

ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス

通常価格

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

STAFF'S COMMENT
ごちたびスタッフおすすめコメント

目を引く存在感たっぷりなポークが一層食欲を駆り立てる。
「まろやかな酸味」「スパイスの辛み」「濃厚な旨味」の3拍子が揃ったカレーです。
スタッフ 筑井

埼玉屈指のカレーの名店の味の人気カレー

埼玉県所沢市に、行列のできるカレー屋さんがあります。その名も「negombo33」
某グルメサイトで常に高評価を維持し、2018年にはジャパニーズカレーアワードも受賞されている、埼玉県内でも屈指のカレー屋さんです。
ロゴはかわいらしいですが、本格的なスパイス使いで、カレーファンをうならせています。そんなカレーの名店が出しているレトルトカレーをご紹介します。

酸味と辛味の絶妙な「ポークビンダルー」

※画像はイメージです
negombo33さんは、チキン、ラム、ポークなど、メイン素材に合わせたカレーをご用意されていますが、中でもポークは特徴的で、「ポークビンダルー」という酸味の効いたカレーをご用意されています。

ポルトガルとインドの文化が混じった進化系カレー

※画像はイメージです
ポークビンダルーとは、ポルトガル人によってインド西海岸中部・ゴア地方に伝承されたカレー。
ポルトガル料理である「カルネ・デ・ヴィーニャ・ダリョシュ」(豚肉をビネガーに漬けこんでから煮込む料理)がインドに伝わり、インド流に香辛料を追加されて進化したものがポークビンダルーの発祥だといわれています。
※画像はイメージです
北インドのバターチキンカレーやタイのグリーンカレーと比べると、日本国内ではまだまだマイナーではありますが、カレー好きの間ではコアなファンを持つカレーで、日本人の味覚にも合う「これから来るカレー」です。

レトルトでも本格的な酸味と辛味

※画像はイメージです
ポークビンダルーは、豚肉のしっかりした味わいに、ワインビネガーなどの酢の酸味とスパイスの辛みを効かせた“すっぱ辛さ”が特徴的なカレーですが、このレトルトも、その酸味と辛味は一級品です。
ほどよい酸味とスパイスの辛さが、一口目からガツンと来る。「うまっ・・・」。
具材とともに鷹の爪や粒胡椒が入っており、鼻を抜けるホットな香りが癖になります。

豚肉の存在感は迫力満点

※画像はイメージです
そして、なにより目を引くのは、豚肉の大きさ
存在感抜群の豚肉が、ゴロゴロと入っています。お皿の上ですごい存在感。
もちろん味も美味しく、ビネガーの力によって甘みが限界まで引き出された肉汁の旨味と、とろけるような柔らかい口溶けがたまりません。
これだけでライスが無限にいけます。

値段はそれなり、しかし家庭ではまねできない本格感

※画像はイメージです
お値段は税込648円。スーパーで市販されているレトルトカレーの中では、少しお値段は張るほうかもしれません。
しかしなによりこの豚肉の大きさや、味わいの本格感を考えると、むしろコスパはいいくらい。
お店で食べるようなスパイシーカレーを、おうちで手軽にたのしめてしまうので、所沢まで足を運ぶのが大変な方も、そうでない方も、ぜひ一度お試しください!

INFORMATION

基本情報

名称:ポークビンダルー

内容量:180g

生産国:日本

賞味期限:ご注文時より約6ヶ月以上

保存方法:直射日光と高温多湿の場所を避けて、涼しいところで保存してください。

原材料名

カレー:ラム肉、野菜(玉ねぎ、にんにく、しょうが)、トマト・玉ねぎ(国産)、豚肉、発酵乳、甘味果実酒、米酢、食用こめ油、皮むきトマト・ピューレー漬け、香辛料、玉ねぎエキス、食塩、おろしにんにく、おろししょうが/酸味料、ぶどう色素、(一部に乳成分・豚肉を含む)

栄養成分(1食分あたり)

エネルギー 491 kcal
たんぱく質 14.7 g
脂質 38.4 g
炭水化物 16 g
食塩相当量 2.1 g

お召しあがり方・ご注意

お召しあがり方

●お湯で温める場合
中袋の封を切らずにそのまま熱湯の中に入れ5~7分間温め、器に移してお召し上がりください。
●電子レンジで温める場合
必ず深めの耐熱容器に移し、ラップをかけて温めて下さい。加熱時間は、機種・W(ワット)数により異なりますので、電子レンジ説明書などを参考に加減してください。(目安時間は、500Wの場合約2分30秒です。

ご注意
  • 開封時や容器に移す時は、熱くなった具やソースが跳ねる場合がありますので、やけどにご注意下さい。
  • 開けにくいときはハサミをご使用ください。
  • アレルギーをお持ちの方は原材料名表示をよくご確認ください。
  • 開封後はできるだけ早くお召し上がり下さい。

Customer Reviews

Based on 2 reviews
100%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
S
S.
本場感がスゴイ!

そこそこの値段でしたが、結果としては、買って良かったです。

本場のポークビンダルーを食べたことがないので、本場物との比較はできませんが、本当に商品説明の通り「まろやかな酸味」「スパイスの辛み」「濃厚な旨味」の3つがとてもバランスよく融合していて、あっという間に食べきりました。

日本のレストランでは食べたことない味なので、本場感をとても感じました。
驚きだったのは、ゴロゴロと入っていた、豚肉!! お安めのレトルトカレーの具材とは比較にならないくらいの具材感です。

この具材感を考えれば、この価格は納得ですし、むしろ満足感を考えればコスパは良い方ではないかとすら思わせてくれる全体の仕上がりでした!!

T
T.
本格派

スパイスが効いていて本格的な旨みがクセになるおいしさです!

Customer Reviews

Based on 2 reviews
100%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
S
S.
本場感がスゴイ!

そこそこの値段でしたが、結果としては、買って良かったです。

本場のポークビンダルーを食べたことがないので、本場物との比較はできませんが、本当に商品説明の通り「まろやかな酸味」「スパイスの辛み」「濃厚な旨味」の3つがとてもバランスよく融合していて、あっという間に食べきりました。

日本のレストランでは食べたことない味なので、本場感をとても感じました。
驚きだったのは、ゴロゴロと入っていた、豚肉!! お安めのレトルトカレーの具材とは比較にならないくらいの具材感です。

この具材感を考えれば、この価格は納得ですし、むしろ満足感を考えればコスパは良い方ではないかとすら思わせてくれる全体の仕上がりでした!!

T
T.
本格派

スパイスが効いていて本格的な旨みがクセになるおいしさです!

ポークビンダルー|チャンバー・オブ・スパイス

¥648